新型コロナが映す いのちの格差 ―公正な医療アクセスを求める世界の市民社会

DVD/2023年/片面1層/本編43分/バリアフリー字幕
本体価格:2,000円+税(図書館価格:本体15,000円+税)

商品コード: 00074 カテゴリー:
シェアする:

2019年末から世界に広がった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。感染は先進国・途上国を問わず広がったが、その対応・対策としての検査・ワクチン・医薬品・医療アクセスは決して「平等」に行き渡らなかった。

そもそも途上国はHIV/エイズやマラリアなどの感染症に直面し、また基本的医療サービスや衛生的な水へのアクセス、食料の確保も不十分だ。例えばブラジルでは貧困層が住むファベーラ(スラム)で密集して暮らさざるを得ない人びとの間で感染が爆発した。

すでに存在する貧困や格差の上に起こったコロナ禍は、世界の経済システム、とりわけワクチンや医薬品にかかる知的財産権の問題を明らかにした。

これに対し、インド、南アフリカはじめ100カ国以上の政府が、コロナに関するワクチンや医療製品にかかる知的財産権を一時免除し、多くの国に供給できるよう世界貿易機関(WTO)に求めた。医療関係者やNGO、市民団体などがこれに呼応し、国際的な運動が一気に広がった。しかし、グローバル製薬企業の利益の側に立つ先進国は強く反対。激しい攻防が繰り広げられた。

なぜ「いのちの格差」が生じてしまうのか? その背景にある知的財産権の課題は、いのちよりも利潤追求が優先される経済システムの問題を映し出している。

すべての人が安全になるまで、誰も安全ではない――公正な医療アクセスは、未だ実現していない。

チラシ(PDF)

● 本作の上映会開催について

本作の上映については、監修の「公正な医療アクセスを世界のすべての人に!」連絡会(※「新型コロナに対する公正な医療アクセスをすべての人に!」連絡会より改称)が、上映会を共催くださるパートナーを募集しています。詳しくは連絡会にお尋ねください。

「公正な医療アクセスを世界のすべての人に!」連絡会

追加情報

重さ 0.2 kg
価格

一般価格, 図書館価格

オンラインでストリーミング視聴

本作品は動画サイト Vimeo を通じてレンタルまたは購入できます。

●レンタル・購入にはVimeoのアカウント(無料)が必要です ●オンライン視聴のお支払いにはクレジットカードまたはPayPal(ペイパル)をご利用いただけます ●レンタルの場合は72時間のあいだ、ご購入の場合はいつでも、回数制限なくストリーミング視聴いただけます ●授業でご利用いただく場合はオンライン・対面を問わず図書館価格でご購入いただく必要があります。
 Vimeoでのレンタル・購入について

  • 企画・監修:「新型コロナに対する公正な医療アクセスをすべての人に!」連絡会
  • 監督・撮影・編集:山口勝則
  • 構成:内田聖子
  • 出演:稲場雅紀/金杉詩子/ガルゲヤ テラカパリ/キャンディス セホマ/クアット チー ハイ オアン/サキコ フクダ パー/ジゼリ マルチンス/ルイス ヒル アビナデル/ローレン パレモア/RD マルテ
  • ナレーター:広瀬さや/大谷理美/川原慶久/くわはら利晃/志摩 淳(株式会社 アクロス エンタテンメント)
  • 取材協力:国境なき医師団 日本/アフリカ日本協議会/下郷さとみ
  • 助成:オープン・ソサエティ財団(OSF)
  • 制作:特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)