PARC TOPオーディオ・ビジュアル作品詳細

バナナ植民地フィリピン

バナナ植民地フィリピン

安価な輸入果物の代表格、バナナ。私たちが安いバナナを食べる一方で、低い賃金で危険な農薬を扱うバナナ労働者の健康は害されていく。フィリピンと日本の関係を知るために。バナナ農園の構造と労働実態、農薬問題などをさぐる。

※このビデオは1993年に制作されたスライド「バナナ植民地フィリピン」から収録した静止画像です。

  • DVD(静止映像) or VHS(静止映像) /33分
  • 本体5,000円+税(図書館価格:本体10,000円+税)
注文する
制作
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)/1994年
脚本
PARC AV制作グループ
撮影
笠間徳生ほか
ナレーション
伊藤惣一
資料提供
フィリピン情報センター・ナゴヤ
制作協力
フィリピン情報センター・ナゴヤ/映像文化協会・AVACOクリエイティブ・スタジオ/大橋邦宏/松本麻夫

ページの先頭へ戻る