PARC TOPオーディオ・ビジュアル作品詳細


壊れゆく森から、持続する森へ

壊れゆく森から、持続する森へ

国土の約7割を森林が占める日本。戦後復興を支えてきた林業も、高度成長期を過ぎると林業従事者が減少し、「儲からない産業」の代名詞となりました。一方、戦後に植えられた人工林の林齢が50年を超えたことで、政府は「伐採時期を迎えた」として大規模化・集約化を促進。多くの森で主伐(皆伐)が行われ、見た目も無残な姿に変わった山も少なくありません。森が失われたことで、災害時の土砂崩れ防止や気候変動の対策が弱くなる懸念もあります。

背景には、山林「所有者」と「施業者」との分離が進め、地域を森林・林業から遠ざけてきた戦後日本の林業政策があります。このように「持続可能でない」現在の林業に対して、根本的な転換を試みるのが「自伐型林業」です。適正な規模の森林をくり返し間伐することで環境にも配慮した持続的な林業経営が可能になります。こうした「小さな林業」のを核とした地域づくりの活動にも注目が集まっています。

自伐型林業の盛んな鳥取県智頭町の取り組み、山主の声、自伐型林業を推進する全国ネットワークを取材、さらに林業の専門家や林野庁のインタビューなど多面的に紹介。持続可能な林業のあり方を提案します。

★バリアフリー字幕版も収録

聴覚に障害のある方にもご鑑賞いただけるよう、このDVDには、本編すべてに日本語字幕を入れたバリアフリー字幕版も収録しております。

  • 制作:特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(PARC)
  • 2020年/DVD/片面1層/カラー39分 解説資料付き
  • 本体価格:4,500円+税(図書館価格15,000円+税)

2020年11月下旬発売 予約受付中!

注文する

オンラインでストリーミング視聴

●本作品は12月1日より、動画サイト Vimeo を通じてレンタルまたは購入可能となります。

  • ※レンタル・購入には、Vimeo のアカウント(無料)が必要です。
  • ※オンライン視聴のお支払いには、クレジットカードまたはPayPal(ペイパル)をご利用いただけます。
  • ※レンタルの場合は72時間のあいだ、ご購入の場合はいつでも、回数制限なくストリーミング視聴いただけます。
  • ※授業でご利用いただく場合はオンライン・対面を問わず図書館価格でご購入いただく必要があります。
  • ※DVDをご購入された方には、半額で72時間のオンライン視聴(レンタル)が利用できる割引クーポンを提供します。






監修:
上垣喜寛(NPO法人 自伐型林業推進協会 事務局長)
監督・撮影・編集:
香月正夫(株式会社セミコ)
企画・構成:
内田聖子(PARC)
選曲:
土屋トカチ
ナレーター:
内野恵理子
出演:
中嶋健造(NPO法人 自伐型林業推進協会 代表理事)
佐藤宣子(九州大学大学院農学研究所教授)
三重野裕通(林野庁経営課)
橋本光治(林業家/徳島県那賀町在住)
大谷訓大(林業家/株式会社皐月屋 代表
智頭ノ森ノ学ビ舎 会長)
橋本登志郎(林業家/Try's代表/鳥取県智頭町在住)
寺谷誠一郎(鳥取県智頭町元町長)
赤堀宗範(林家/鳥取県智頭町在住)
西村早栄子(NPO法人 智頭町森のようちえん まるたんぼう 代表)
協力:
NPO法人 自伐型林業推進協会
制作:
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)

ページの先頭へ戻る