PARC TOPオーディオ・ビジュアル作品詳細


どこに行ってる、私のお金?
―世界をめぐるお金の流れと私たちの選択



どこに行ってる、私のお金?

私たちの暮らしに欠かせない銀行。お金のやりとりを容易にするため、将来に備えるため、私たちは預金口座を作ります。しかし、銀行に預けた私たちのお金は、私たちの知らないところで、さまざまな事業に用いられています。

気候危機の脅威を前に世界で呼びかけられている、化石燃料からの脱却。ところが、世界の大銀行は、再生可能エネルギーへの投融資の一方で、それをはるかに上回る額を化石燃料に投融資し続けていました。日本の銀行も例外ではありません。インドネシアでは化石燃料の中でも最も二酸化炭素排出の多い石炭火力発電所の建設が、いまも日本の銀行のお金で進められています。

私たちのお金が人権侵害に加担してしまっているケースもあります。身近な加工食品に含まれるパーム油を生産するある農園で発覚した女性のタダ働きや児童労働。ところが、問題発覚後も日本の銀行はこの企業への融資を継続しました。私たちはモノの消費を通じてだけでなく、銀行に預けたお金を通じてこうした問題に関わりを持っています。

こうした現実の一方で、投資に対する責任という考え方はすでに定着しつつあります。お金を運用する銀行に社会的責任があるように、お金を預ける私たちにも、よりよいお金の使われ方を銀行に求めていく責任があるのではないでしょうか?

★バリアフリー字幕版も収録

聴覚に障害のある方にもご鑑賞いただけるよう、このDVDには、本編すべてに日本語字幕を入れたバリアフリー字幕版も収録しております。

  • 制作:アジア太平洋資料センター(PARC)
  • 2021年/DVD/片面1層/カラー38分(予定) 解説資料集付き
  • 本体価格:4,500円+税(図書館価格15,000円+税)
予約受付中!(2021年9月下旬発送予定)

注文する


お得なDVDセット!! 
暮らしをエシカルに 全4巻

モノ・お金を通じて、世界の人びとの暮らしとつながっている私たちの日常。私たちに問われている選択とは?
セット価格 25,000円+税 → 20,000円+税
(図書館価格 58,000円+税 → 46,000円+税)

監修:
Fair Finance Guide Japan
監督:
山口勝則
ナレーター:
梶原信也/冨岡美沙子
出演:
田辺有輝(Fair Finance Guide Japan)
中司喬之(熱帯林行動ネットワーク〈JATAN〉)
波多江秀枝(国際環境NGO FoE Japan)
平田仁子(気候ネットワーク)
目加田説子(地雷廃絶日本キャンペーン〈JCBL〉)
Herwin Nasution(インドネシア農園労働者組合Serbundo 会長/OPPUK 専務理事)
制作:
アジア太平洋資料センター(PARC)

ページの先頭へ戻る